指をさしている医者 包茎手術のよくあるご質問をご紹介

包茎手術後の痛みはあるの?

薬

イメージと違う方も多いはずですが、包茎手術時には特に痛むことはありません。
この部分は手術を受ける際のネックになりがちなことですが、御安心ください。
しかし、手術後、麻酔が切れてくると痛みが出てくる場合があります。
その痛みの強さは、手術方法や医師のテクニックにも多少なりとも関係はしています。

通常の生活においては、排尿時やシャワー時などが代表的で、痛みと戦っていかないといけません。
術後には痛むのを抑える飲み薬や座薬、化膿止めの薬などを処方されますが、特に痛むことがない場合には、飲む必要はありません。
手術後2週間程はしっかりフィットしないと痛いため、ブリーフやボクサーパンツを履くようにするのがおすすめです。

特に真性包茎の場合は、かぶっていた皮が露出するため、ヒリヒリした痛みがあるのが特徴です。
私生活を送る時には、裏筋部分が一番痛むため、できるだけ勃起をしないようにすることも大事です。
場合によっては、手術跡から出血する場合もありますので、性的な興奮をするシーンからは避けるようにしておいた方が良いでしょう。
また、包帯を交換する際には一気に取ってしまうと痛みが伴ったり、手術跡から出血してしまう場合もあるので、ゆっくり取るようにしてください。
洗う時にも優しく洗うように心がけるべきであり、一気に洗うとなると、相当な痛むことがあるため、しっかり覚えておかないといけません。

青い点線

back to top