指をさしている医者 包茎手術のよくあるご質問をご紹介

包茎手術の流れ

ボードを持つ医者

包茎手術を受ける際の流れは、まず、どの地域の何科のどの病院に訪れるか決めるところからはじまります。

手術内容によっては、手術後、何回か通院しなければならない場合も出てくるので、自宅に近いところか、あるいは、会社に近いところか、それとも、人の目が気になるので、その中間点にあるようなところとか、あるいは、平日は無理なので、土日に開院しているところかなど、色々な観点から病院を選ぶことになります。

病院を選んだ後は、カウンセリングをしてもらうために電話やメールで予約を入れます。完全予約制の病院が多いので注意がひつようです。

カウンセリングの時に、専門の医師が症状を確認後、その後どのような治療が必要か決定し、症状に応じた手術方法を患者様に説明します。
手術に関しては各病院によって治療法や医師の方針が違う場合があるので、専門のベテランの医師や大きな実績の病院を選ばれる方が多いようです。

また、セカンドオピニオンによって、どのような治療法が可能なのかを確認される方もいます。
病院によって、独自の治療法をおこなっているところもあるので、比較検討することも必要です。

麻酔についても、各病院ごとに特徴がありますので、事前に聞いておく必要があるでしょう。

実際に治療される場合には、同意書に記入後、包茎手術の治療を受けることになります。

通常、自由診療のため、保険は効きません。支払いは、現金払いの他、クレジットカード払いや病院によっては、ローンが組めるところもあります。

手術後は、局部麻酔なのでそのまま帰宅することができます。

症状によりますが、術後は投薬を一定期間飲み続けることが一般的になるようです。術後は一定期間、性行為ができないなどの制約があります。おおまかな流れは以上になります。

青い点線

back to top