指をさしている医者 包茎手術のよくあるご質問をご紹介

包茎手術の失敗例

頭を抱える男性

包茎であることがコンプレックスの方にとって、包茎手術を受けるということは、一つの選択肢になるはずですが、もしも手術に失敗をしたらと思うと、思い切って踏み切れないものでしょう。
しかし、この包茎手術は決して難しいものではないのでご安心ください。

但し、男性器の機能を失うような失敗例というものはありませんが、見た目の不自然さが残るケースがあります。
これが失敗例の代表的なものであり、後悔をしてしまう要因になることです。
一目で包茎手術をおこなったことがばれるように傷跡が残るケースや皮のむけ方が不自然になってしまうことがあります。
あるいは、ツートンカラーになるということも少なくありません。
特に最悪なのは、裏筋は男性にとっての性感帯なので、ここを切除してしまうと、感じなくなったり、尿道口の方向が変わってしまい、尿をたすときに、尿が出る方向が変わってしまうる恐れがあるので注意が必要です。

コンプレックスを解消するために手術を受けたのに、別のコンプレックスを生まれてしまうとなると、何のために手術を受けたのかわからなくなるということがあります。
包茎手術自体の技術は進歩しており、安心して手術を受けられる環境は整いつつあります。
しかし、これは医師の腕一つなので、手術を受ける時には、とにかく経験が豊富な医師にお任せをするようにした方が良いでしょう。

そういった面では、泌尿器科よりは、形成外科や美容外科がある包茎手術専門のクリニックの方が安心度は高いでしょう。
年間での手術件数やデザイン的センスがかなり違いますのでクリニックを選ぶ際には、後々、後悔しないように慎重にしましょう。
本サイトに掲載しているクリニックは、包茎手術の件数も多い、経験豊富で美的面でもセンスの高いところを選んで掲載していますので、お悩みの方にはぜひお試しください。

青い点線

back to top