指をさしている医者 包茎手術の豆知識のご紹介

包茎の人の割合とは?

日本人の人口割合に対し、包茎の方の数は非常に多いという特徴があります。
70%以上の方が対象となっているので、包茎であることは決して恥ずかしいことではなく、当たり前のことと認識して問題ないでしょう。

しかし、包茎には仮性、真性、カントンの3種類がありますが、仮性の方が割合的には80%以上となっています。
大きさと関係があると思う方もいると思いますが、大きさと包茎であることは何も関係がありません。
したがって、ペニスが小さいと言われている日本人が包茎になりやすいことは、都市伝説と言えるでしょう。

御自身がどういったタイプであるかを知り、その上で手術をおこなって治療をしたいと思う方もいるはずです。
これは決して病気であるということではありませんが、見た目の問題から、女性と性行為をするのに躊躇いが生まれるケースもあり、EDになってしまった方もいます。
汚れが溜まりやすくなるというデメリットもないので、しっかり改善をした方が良いのは間違いありません。

短時間での手術となるので、お仕事が忙しい方でも手術をおこなうことは十分にできます。
たった一カ月程度で元の生活に戻れるので、大きな支障とはなりませんので、安心して手術を受けれます。

青い点線

back to top