指をさしている医者 包茎手術の豆知識のご紹介

包茎は遺伝する?

自分が包茎であるのは遺伝が関係しているのではと思ったことがある方もいるでしょう。
この認識通りに、そのことが影響しているケースもあります。背格好が親譲りの方は特に遺伝であることが多いです。
しかし、まったく関係がないというケースもあるのが事実です。

大切なことは、小さい子供の頃から、包皮を剥いて清潔にする習慣をつけてあげることであり、容易に皮をむける段階までおこなうようにすべきです。
真性やカントンの場合は、どうしても清潔を保つことが難しくなってしまい、炎症を起こしやすくなるというデメリットがあります。
また、特有の異臭の原因にもなるので、小さい頃から対応しておくようにすることが大事になります。

仮性の場合は、それほど大きなデメリットはないため、手術をしてまで治療をする必要はないと言えますが、真性やカントンの場合は、手術を受けて治療をすることを考えた方が良いケースです。

ペニスのタイプは人それぞれ異なっており、本当に手術をした方が良いかどうかは、専門家に診てもらって判断をした方が良いでしょう。

遺伝であってもそうでなくても、専門家にお任せをして手術をすれば、デメリットが解消できるので、気になる方は一度クリニックへ足を運んでみてください。

青い点線

back to top