指をさしている医者 包茎手術の豆知識のご紹介

包茎とは

包茎には仮性、カントン、真性の3種類があります。

仮性の場合は、平常時は亀頭が全部か一部が包皮に覆われている状態であり、勃起時には亀頭をスムーズに全部露出させることができます。
カントンは包皮輪が狭いので、亀頭を露出しようとすれば、亀頭の下に締めつけがあるため、勃起時には亀頭を全部露出できないです。
真性は、包皮輪が非常に狭いので、平常時も勃起時も包皮をむくことが全くできないタイプです。
どのタイプであっても、決して病気ではないため、必ず手術をしないといけないという訳ではありません。

しかし、手術をおこなうことにより、悪臭がするのを抑えることができる、見た目が良くなる、コンドームを付けやすくなるといったメリットがあるので、包茎でお悩みの方は、手術をすることを視野に入れてみてはいかがでしょうか。

これらのどの包茎のタイプでも、手術をおこなうことにより、亀頭が露出するタイプの男性器にすることができます。女性と性行為をする時に、手術をすることで様々なメリットがあるため、興味があるという方もいるはずです。

気になる方はまずは一度クリニックに足を運んでみてください。患者様の男性器に合った術式で手術ができます。

青い点線

back to top